PR

スポーツ スポーツ

球宴の本塁打競争にヤクルト・村上、巨人・坂本、DeNA・筒香ら

「マイナビオールスターゲーム2019」にプラスワン投票で選出された阪神・原口文仁=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
「マイナビオールスターゲーム2019」にプラスワン投票で選出された阪神・原口文仁=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

 マイナビオールスターゲーム2019(第1戦=12日・東京ドーム、第2戦=13日・甲子園)の試合前に行われる本塁打競争のメンバーが9日に発表され、セ・リーグは村上(ヤクルト)、坂本勇(巨人)、筒香(DeNA)、鈴木(広島)、パは山川(西武)、レアード(ロッテ)、吉田正(オリックス)、森(西武)の計8選手の出場が決まった。

 ファン投票では柳田(ソフトバンク)が選出されたが、左脚のけがで出場を辞退し、投票で次点だった森が選ばれた。組み合わせは11日に決まる。

 2年連続で選ばれた吉田正は昨年、準決勝で筒香と対決して敗れており「昨年以上の成績を出して優勝できるように頑張る」と闘志を燃やした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ