PR

スポーツ スポーツ

十両安美錦が右膝負傷で休場 関取最年長40歳 名古屋場所

竜虎(手前)との取組で顔をしかめる安美錦=8日、ドルフィンズアリーナ
竜虎(手前)との取組で顔をしかめる安美錦=8日、ドルフィンズアリーナ

 大相撲の元関脇で西十両11枚目の安美錦(40)=本名杉野森竜児、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が名古屋場所3日目の9日、日本相撲協会に「右膝内側半月板断裂、右膝外側半月板損傷などで、2週間の加療を要する」との診断書を提出して休場した。2敗目を喫した2日目(8日)の竜虎戦で右膝付近を負傷していた。

 関取最年長の安美錦は成績次第で来場所に幕下へ転落する可能性がある。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は8日に古傷を痛めたとし、腫れや痛みが引けば再出場させる方針を示している。

 安美錦の休場は昨年初場所以来、通算11度目。3日目に対戦が組まれていた荒鷲は不戦勝。今場所の十両以上の休場は大関貴景勝、平幕嘉風に続いて3人目となった。

 安美錦は史上8位の通算907勝など数々の記録を誇っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ