PR

スポーツ スポーツ

15歳ガウフの快進撃、4回戦で止まる ウィンブルドン

女子シングルス4回戦でシモナ・ハレプと対戦し、汗をぬぐうコリ・ガウフ=ウィンブルドン(共同)
女子シングルス4回戦でシモナ・ハレプと対戦し、汗をぬぐうコリ・ガウフ=ウィンブルドン(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 テニスのウィンブルドン選手権女子シングルスで15歳のガウフの快進撃が止まった。4回戦で元世界ランキング1位のハレプに対し、「彼女のプレーは多く見てきたので、よく知っている」と大物食いを狙ったが、力の差を見せつけられた。

 鋭いバックハンドなどショットの安定感が持ち味だが、同種目で予選を合わせて7試合目のこの日はミスを連発した。2つのセットで計5度もブレークを許して波に乗れず、敗戦後は表情を曇らせた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ