PR

スポーツ スポーツ

錦織、2年連続8強入り 準々決勝はフェデラー戦

錦織圭が世界ランキング58位のミハイル・ククシュキンを下して2年連続2度目の8強入り(ロイター)
錦織圭が世界ランキング58位のミハイル・ククシュキンを下して2年連続2度目の8強入り(ロイター)
その他の写真を見る(1/3枚)

 テニスのウィンブルドン選手権第7日は8日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス4回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング58位のミハイル・ククシュキン(カザフスタン)を6-3、3-6、6-3、6-4で下し、2年連続2度目の8強入りを果たした。

 10日予定の準々決勝で四大大会最多20度優勝を誇る第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦し、日本勢で1933年大会4強の佐藤次郎以来86年ぶりの準決勝進出を目指す。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はフェデラーとともに4回戦をストレート勝ちした。

 女子シングルス4回戦で第6シードのペトラ・クビトバ(チェコ)が逆転負けし、上位6シードまでが敗退。第7シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)は15歳のコリ・ガウフ(米国)を6-3、6-3で退けた。

 混合ダブルス2回戦で、クリストファー・ルンカット(インドネシア)青山修子(近藤乳業)組は敗れた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ