PR

スポーツ スポーツ

Bリーグ4季目は10月3日開幕 横浜で川崎-宇都宮戦

 バスケットボール男子のBリーグは8日、創設4季目となる2019~20年シーズンの日程を発表し、1部(B1)は10月3日、川崎-宇都宮(栃木から改称)の1カードで開幕することが決まった。Bリーグの主管試合として、過去2シーズンのチャンピオンシップ(プレーオフ)決勝会場となった横浜アリーナで行われる。

 開幕カードの顔合わせはこのほか、秋田-大阪、A東京-新潟、SR渋谷-千葉、富山-三遠、京都-滋賀、島根-名古屋D、琉球-三河、北海道-横浜。北海道-横浜が同6日、残りは同5日に第1戦が行われる。

 開幕前の8~9月には日本代表が21年ぶりの自力出場を決めたワールドカップ中国大会が開かれる。米プロNBAウィザーズ入りした八村塁への注目度の高まりもあり、リーグへの好影響が期待される。

 東京都内で行われた記者会見で、日本代表主将も務める川崎の篠山は「白熱した試合を見せる責任感が高まっている。いいゲームをしないと」。宇都宮の遠藤も「面白いゲームをしないと新しいファンはついてこない」と決意を口にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ