PR

スポーツ スポーツ

リネールが復帰戦で原沢倒す 柔道のグランプリ大会

(左から)テディ・リネール、原沢久喜
(左から)テディ・リネール、原沢久喜

 柔道のグランプリ大会最終日は7日、モントリオールで行われ、男子100キロ超級は約2年ぶりに国際大会に出た五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)が決勝で原沢久喜(百五銀行)に延長の末に優勢勝ちした。原沢との対戦は、指導1の差で勝利した2016年リオデジャネイロ五輪決勝以来だった。

 30歳のリネールは17年8月に世界選手権で8連覇を達成し、同11月の世界無差別級選手権を制して休養していた。原沢との一戦は一進一退の攻防が続いたが、延長1分すぎにリネールが強引に大外刈りを仕掛けて技ありを奪い、来年の東京五輪に向けた再始動を優勝で飾った。

 男子90キロ級のベイカー茉秋(日本中央競馬会)は優勝したリオ五輪以来の国際大会制覇。女子78キロ超級の朝比奈沙羅(パーク24)、同78キロ級の浜田尚里(自衛隊)も優勝した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ