PR

スポーツ スポーツ

休場の貴景勝は加療5週間 右膝負傷、大関陥落へ

名古屋場所の休場が決まった大関貴景勝=4日、名古屋市の千賀ノ浦部屋宿舎
名古屋場所の休場が決まった大関貴景勝=4日、名古屋市の千賀ノ浦部屋宿舎

 日本相撲協会は7日、大相撲名古屋場所を初日から休場したかど番の東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=の診断書を公表し「右膝内側側副靱帯損傷で7月4日より5週間の加療を要する」との内容だった。今場所は全休する意向で、在位2場所での関脇転落が確実となっている。

 貴景勝は新大関の夏場所で負傷し、大関以上では極めて異例の再休場をした。9月の秋場所で10勝すれば大関に復帰できる。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)によると近日中に帰京し、治療に専念する方向。場所後の夏巡業には途中参加の可能性を示しつつ「まずは治療に集中して、出るかどうかを決めていく」と慎重な姿勢だった。

 今場所の休場決断に際し、大関を長時間の話し合いの末に説得。千賀ノ浦親方は「中途半端にまた痛めたら、もっと長引く。この場所を出なかったことは絶対に良かった」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ