PR

スポーツ スポーツ

伊調馨と川井梨紗子、世界レスリング代表かけ午後にプレーオフ

プレーオフを前にリラックスした表情の伊調馨(左)=6日午後、埼玉県の和光市総合体育館
プレーオフを前にリラックスした表情の伊調馨(左)=6日午後、埼玉県の和光市総合体育館
その他の写真を見る(1/3枚)

 レスリング女子で五輪5連覇を目指す伊調馨(35)=ALSOK=が6日午後、埼玉県の和光市総合体育館で行われる世界選手権(9月・カザフスタン)57キロ級代表を争うプレーオフで、2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=と対戦する。

 20年東京五輪予選を兼ねた世界選手権で表彰台に立つと日本協会の選考基準を満たして五輪切符を得るため、自国開催の大舞台出場に近づく大一番となる。

 伊調はパワハラ問題を乗り越え、昨年10月に実戦復帰。12月の全日本選手権で頂点に立ったが、今年6月の全日本選抜選手権決勝で川井梨に敗れ、代表争いがプレーオフにもつれた。

試合会場で調整する川井梨紗子(左)=6日午前、埼玉県の和光市総合体育館
試合会場で調整する川井梨紗子(左)=6日午前、埼玉県の和光市総合体育館
その他の写真を見る(2/3枚)
その他の写真を見る(3/3枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ