PR

スポーツ スポーツ

五輪連覇のリネールと原沢は逆の組 柔道GPモントリオール大会

柔道男子100キロ超級の原沢久喜=3日、成田空港
柔道男子100キロ超級の原沢久喜=3日、成田空港

 柔道のグランプリ・モントリオール大会(5~7日)の組み合わせが4日に決まり、7日の男子100キロ超級で約2年ぶりに国際大会復帰となる五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)は1回戦で米国選手と対戦する。2016年リオデジャネイロ五輪決勝を争った原沢久喜(百五銀行)は反対のブロックで、決勝まで当たらない。

 30歳のリネールは世界無差別級選手権を制した17年11月を最後に休養していたが、来年の東京五輪に向けて必要な国際柔道連盟(IJF)の世界ランキングポイント獲得のために再始動。ただ17年まで8連覇した世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)は回避する意向を示している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ