PR

スポーツ スポーツ

大坂が1回戦敗退 テニスのウィンブルドン選手権

女子シングルス1回戦 ユリア・プティンツェワと対戦する大坂なおみ=ウィンブルドン(共同)
女子シングルス1回戦 ユリア・プティンツェワと対戦する大坂なおみ=ウィンブルドン(共同)

 【ウィンブルドン=板東和正】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第1日は1日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス1回戦で第2シードの大坂なおみ(日清食品)は、世界ランキング39位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)に6-7、2-6で敗れた。大坂の四大大会初戦敗退は2017年全仏オープン以来9大会ぶり2度目。プティンツェワとは3戦して全敗。大会後発表のランキングで世界1位に返り咲く可能性はなくなった。

 女子シングルスで1968年のオープン化以降最年少の15歳で予選を突破したコリ・ガウフ(米国)は、元世界1位のビーナス・ウィリアムズ(米国)を6-4、6-4で下し、2回戦に進んだ。

 男子シングルスでは1回戦から波乱で、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と第7シードのステファノス・シチパス(ギリシャ)が敗れた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ