PR

スポーツ スポーツ

男子百はサニV、桐生2位 女子やり投げは北口初優勝

男子100メートル決勝で1位のサニブラウン・ハキーム。右は桐生祥秀=博多の森陸上競技場(撮影・松永渉平)
男子100メートル決勝で1位のサニブラウン・ハキーム。右は桐生祥秀=博多の森陸上競技場(撮影・松永渉平)
その他の写真を見る(1/2枚)

 陸上の世界選手権(9~10月、ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は28日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝は日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が大会新記録の10秒02で2年ぶり2度目の優勝を果たし、世界選手権代表に決まった。

 向かい風0・3メートルで、桐生祥秀(日本生命)が10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

 女子100メートル決勝は御家瀬緑(北海道・恵庭北高)が11秒67で初優勝し、29年ぶりの高校生女王に輝いた。

 やり投げの女子は日本記録保持者の北口榛花(日大)が63メートル68の大会新で初制覇し、世界選手権代表に決まった。男子は新井涼平(スズキ浜松AC)が79メートル42で6連覇を達成した。

 男子の800メートルはクレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋高)が高校新記録の1分46秒59で勝ち、7連覇を狙った川元奨(スズキ浜松AC)は2位だった。400メートルはウォルシュ・ジュリアン(富士通)が45秒80で2年連続3度目の優勝。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ