PR

スポーツ スポーツ

初の9秒台決着なるか 陸上日本選手権27日開幕 サニブラウンら会見

サニブラウン・アブデル・ハキーム
サニブラウン・アブデル・ハキーム

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権は27日、福岡市の博多の森陸上競技場で開幕する。初の9秒台決着が期待される男子100メートルの有力選手らが26日記者会見し、7日に9秒97の日本記録を樹立したサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は「いい走りができるよう集中したい」と抱負を語った。

 日本選手権出場は100メートルと200メートルの短距離2冠に輝いた2017年以来。5月以降、9秒台を2度出しているが「まだ課題は多い。他の選手は気にせず、自分の課題をクリアしたい」と気を引き締めた。

 9秒98の前日本記録保持者、桐生祥秀(日本生命)も今季、10秒0台を4度マークするなど好調。5年ぶりの優勝に向け「ここで勝たないといけない。いい結果を残したい」と意気込んだ。

 男子100メートルは27日に予選と準決勝、28日に決勝が行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ