PR

スポーツ スポーツ

57チームの対戦相手決まる 夏の高校野球青森大会

 第101回全国高校野球選手権青森大会の組み合わせ抽選会が26日、青森市の県総合社会教育センターで行われ、出場57チームの対戦相手が決まった。来月9日に青森市営球場で開幕し、弘前市のはるか夢、八戸長根、六戸町のメイプルスタジアムの4球場で熱戦が繰り広げられ、日程が順調に進めば決勝は23日にはるか夢球場で行われる。

 優勝争いは春の東北大会を制した弘前学院聖愛、青森山田、ノーシードながら連覇を狙う甲子園常連校の八戸学院光星などを軸に展開されそうだ。弘前学院聖愛の斎藤悠輔主将(3年)は「大会までの期間にさらにレベルアップし、一戦一戦全力で臨み、必ず優勝する」と意気込んだ。

 選手宣誓は三沢の新山悠翔(ゆうと)主将(同)に決まり「101回大会にふさわしい高校球児らしい宣誓をしたい」と抱負を語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ