PR

スポーツ スポーツ

新設「都民エントリー」申し込みは7月22日から 3月1日に次回東京マラソン

東京マラソンで次々とゴールするランナー=3月、東京都千代田区
東京マラソンで次々とゴールするランナー=3月、東京都千代田区

 東京マラソン財団は22日までに、「都民エントリー」枠を新設した次回東京マラソン(来年3月1日、産経新聞社など共催)の大会要項を発表した。

 「都民エントリー」の定員は1千人。都内在住者が対象で、申し込みは大会公式サイトから。期間は7月22日から31日まで。応募者多数の場合は抽選。落選者は自動的に一般エントリーでも抽選対象になる。同財団は「都民エントリー」を設けた理由について、都民は大会の交通規制の影響を受けていること、アンケートで「地元優先」の意見が多かったこと-などを挙げている。

 一般エントリーの申し込みは8月1日から30日まで。次回大会は2020年東京五輪男子マラソン代表の3枠目を争う「ファイナルチャレンジ」を兼ねて実施される。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ