PR

スポーツ スポーツ

明大、38年ぶり日本一 全日本大学野球、エース森下が1失点完投

 全日本大学野球選手権最終日は17日、神宮球場で決勝が行われ、明大(東京六大学)が仏教大(京滋)に6-1で圧勝、1981年大会以来38年ぶり6度目の優勝を果たした。

 明大は三回、長短打に敵失などを絡め3点を先制。九回には二死満塁から喜多が走者一掃の3点適時二塁打を放ち、突き放した。投げてはプロ注目のエース森下が150キロ前後の真っすぐと変化球で仏教大打線を寄せ付けず1失点完投した。

 初めて決勝に進出した仏教大は守備の乱れもあって失点を重ねた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ