PR

スポーツ スポーツ

なでしこ高倉監督「積極的にプレーして前半に点がきた」

日本-スコットランド 前半、先制ゴールの岩渕(8)を迎える高倉監督(右下)=レンヌ(共同)
日本-スコットランド 前半、先制ゴールの岩渕(8)を迎える高倉監督(右下)=レンヌ(共同)

 サッカーの女子ワールドカップ1次リーグD組で14日、スコットランドを2-1で破った日本代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督は、試合を振り返り、次戦への意欲をみせた。

 --選手たちが期待に応えた

 「初めから攻撃的にしっかり自分たちの良さを出して行こうということで、積極的にプレーして前半に点がきたのでそこは狙い通りだが、後半ももちろんもう一点と思って入ったが、その辺は相手がパワーかけてきのを跳ね返せなかったのは課題かなと思います」

 --1戦目は苦しかった

 「全ての試合で勝利を目指しているが、全てがうまくいくわけではないし、そのことをしっかり受け止めながら成長してけたらと思う」

 --次戦はイングランド

 「やはり試合の中で、こちら側に流れがある場合と、もちろん向こうに流れが行く場合があるが、その辺のコントロールが選手一人一人が精神的にもプレーでもできるようになってくるといいなと思っているが、簡単な試合ではないし、また一つ一つ戦っていくだけです」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ