PR

スポーツ スポーツ

西武中村が通算18本目の満塁弾

【プロ野球交流戦西武対ヤクルト】1回、適時打を放つ西武・中村剛也=メットライフドーム(中井誠撮影)
【プロ野球交流戦西武対ヤクルト】1回、適時打を放つ西武・中村剛也=メットライフドーム(中井誠撮影)

 西武の中村が14日、“アーティスト”らしい快音を響かせた。四回1死満塁で、高めの甘い直球を鋭くスイング。強烈な打球は左中間席中段まで一直線。「芯で打ったいい本塁打だった」と納得の9号満塁弾となった。

 5月17日のオリックス戦以来、約1カ月ぶりの一発。この間も好機で適時打を放つなどチームに貢献してきたが、長距離砲としては待ち望んだ瞬間だった。「ほっとすることはないけど、いい打撃ができた」と今後さらに調子は上向きそうだ。

 満塁本塁打は通算18本目で、自身が持つプロ野球記録を更新。“満塁男”の本領を発揮したが、意外にも「(状態が)悪いときは回ってきてほしくないときもある」。この日は打線がつながって6点リードで迎えた場面で、失投を逃さない本来の打撃を見せつけた。

 交流戦での通算本塁打数は73本に。この日5打点を挙げ、通算打点も194とし、ともに歴代トップの数字だ。「交流戦は初年度からやっていて時間が長いので」と謙遜したが、35歳の打棒はまだまだ頼もしいばかりだ。(小川寛太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ