PR

スポーツ スポーツ

男子リカーブ団体で日本記録 アーチェリー世界選手権

 アーチェリーの世界選手権は10日、オランダのセルトゲンボシュで男女の予選が行われ、男子リカーブ団体で古川高晴(近大職)、武藤弘樹(慶大)、倉矢知明(イシダ)の日本は2017点の日本新記録をマークし、9位で決勝トーナメントに進んだ。個人で古川は14位、武藤は27位、倉矢は53位で決勝トーナメントに進出。

 女子リカーブは個人で杉本智美(ミキハウス)が8位、園田稚(東京・足立新田高)は36位、久原千夏(福井信用金庫)が59位で決勝トーナメントに進んだ。団体の日本は8位で決勝トーナメントに進出した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ