PR

スポーツ スポーツ

大谷がDHで4位 3位と5万票弱 球宴投票中間発表

チームメートに向かってポーズを決めるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
チームメートに向かってポーズを決めるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 米大リーグは10日、オールスター戦(7月9日・クリーブランド)のファン投票のア・リーグ第1回中間結果を発表し、エンゼルスの大谷翔平が指名打者で16万6275票の4位につけた。今年から各ポジションの上位3人(外野手は9人)が最終投票に進む新方式となり、3位のクルーズ(ツインズ)の21万4702票とは約4万8000票差。マルティネス(レッドソックス)が49万1955票でトップに立った。

 大谷の同僚の外野手トラウトが全ポジションで最多の95万1002票を集めた。

 捕手はサンチェス、一塁手はボイト(ともにヤンキース)、二塁手はラステラ(エンゼルス)、三塁手はブレグマン(アストロズ)、遊撃手はポランコ(ツインズ)が1位。外野手はスプリンガー(アストロズ)、メドーズ(レイズ)が2、3位だった。

 1次投票は21日までで、最終投票は26日から行われ、結果は27日(日本時間28日)に発表される。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ