PR

スポーツ スポーツ

19歳宝田が代表デビュー サッカー女子W杯

日本-アルゼンチン 後半、途中出場し攻め込む宝田=パリ(共同)
日本-アルゼンチン 後半、途中出場し攻め込む宝田=パリ(共同)

 サッカーの女子W杯フランス大会前に負傷者との入れ替えで招集された19歳の宝田(C大阪堺)が終了間際に投入され、代表デビューを果たした。ロスタイムに右からのクロスをブロックされるなど、短い出場時間で見せ場をつくれなかった。

 W杯本大会で代表初出場となったのは、1999年大会の安藤(浦和)の例がある。昨年のU-20(20歳以下)W杯優勝に大きく貢献したアタッカーは「最後の部分で、もっと強引にいくところが足りなかった」と悔し涙を流した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ