PR

スポーツ スポーツ

仏教大など初戦突破 全日本大学野球が開幕

第68回全日本大学野球選手権 仏教大学(佛教大学)-八戸学院大学 仏教大が逆転サヨナラ勝ち。決勝のホームへ滑り込んだ2塁走者・松本康平(背中、13番)に抱きつく岡本凌馬ら仏教大ナイン=東京ドーム(尾崎修二撮影)
第68回全日本大学野球選手権 仏教大学(佛教大学)-八戸学院大学 仏教大が逆転サヨナラ勝ち。決勝のホームへ滑り込んだ2塁走者・松本康平(背中、13番)に抱きつく岡本凌馬ら仏教大ナイン=東京ドーム(尾崎修二撮影)

 第68回全日本大学野球選手権が10日、東京ドームで開幕して1回戦4試合が行われ、仏教大(京滋)創価大(東京新)愛知工大(愛知)が2回戦へ進んだ。

 仏教大は0-3の九回に4点を奪って八戸学院大(北東北)にサヨナラ勝ち。創価大は初出場の大工大(近畿)に6-1で快勝し、愛知工大は東日本国際大(南東北)を7-3で下した。

 神宮球場で予定された3試合は雨のため中止。上武大(関甲新)-福井工大(北陸)は11日の東京ドームの第1試合に入った。中京学院大(東海)-桐蔭横浜大(神奈川)、近大工学部(広島六大学)-東農大北海道オホーツク(北海道)は11日の神宮の第1、2試合に順延となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ