PR

スポーツ スポーツ

大谷が3打席連続三振 マリナーズのルブランが苦手に

マリナーズ戦の1回、内角球をよけるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
マリナーズ戦の1回、内角球をよけるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 エンゼルスの大谷は9日、アナハイムでのマリナーズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打だった。内容は空振り三振、空振り三振、空振り三振、二ゴロで、打率は2割4分8厘。チームは3-9で敗れた。

 大谷は同郷のマリナーズ菊池から本塁打を放つなど活躍した前夜から一転、無安打に終わった。第2、3打席は元プロ野球西武の左腕ルブランにバットが空を切った。

 これでルブランにはメジャーでの8打席で6三振。「どんな打者にも内角をうまく使うことが大事」と話す技巧派左腕が、同じア・リーグ西地区で天敵となりそうだ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ