PR

スポーツ スポーツ

ナダル、3年連続12度目V 全仏テニス 四大大会18個目のタイトル

男子シングルスで優勝しガッツポーズするラファエル・ナダル(AP)
男子シングルスで優勝しガッツポーズするラファエル・ナダル(AP)
その他の写真を見る(1/4枚)

 テニスの四大大会第2戦、全仏オープン最終日は9日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス決勝で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が四大大会初制覇を狙った第4シードのドミニク・ティエム(オーストリア)を6-3、5-7、6-1、6-1で下し、3年連続12度目の優勝を果たした。四大大会通算18個目のタイトル。

 決勝は2年連続で同じ顔合わせとなったが、ナダルが高い守備力を武器に再び制し、優勝賞金230万ユーロ(約2億8300万円)を獲得した。同一の四大大会の優勝回数で1960~70年代に全豪オープン女子シングルスを11度制したマーガレット・コート(オーストラリア)を抜いて単独最多となった。

 女子ダブルスはティメア・バボシュ(ハンガリー)クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)組が初優勝し、四大大会で昨年の全豪オープン以来の2勝目を挙げた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ