PR

スポーツ スポーツ

サッカー日本代表、久保建英がデビュー「やれることは示せた」

前のニュース

【サッカーキリンチャレンジカップ2019日本代表対エルサルバドル代表】後半、シュートを放つ久保建英=ひとめぼれスタジアム宮城(撮影・蔵賢斗)
【サッカーキリンチャレンジカップ2019日本代表対エルサルバドル代表】後半、シュートを放つ久保建英=ひとめぼれスタジアム宮城(撮影・蔵賢斗)

 9日に行われたサッカーの日本-エルサルバドル戦で、MF久保建英(FC東京)が、18歳5日での国際Aマッチ初出場を果たした。

 途中出場から6分後の後半28分、代表デビュー戦の久保建が右サイドでDF2人を置き去りにするドリブルを仕掛けてゴールを目指す。ペナルティーエリア内で鋭く振り抜いた左足からのシュートは惜しくもGKに阻まれたが、スタンドの視線は新鋭の一挙一動にくぎ付けとなった。

 交代に備えてアップを切り上げただけで大歓声が上がった。史上2番目に若い18歳と5日での代表デビューだったが、絶妙なワンタッチプレーやスルーパスも随所に繰り出し、「自分がやれることは示せた」とほほ笑んだ。

 “日本の宝”はまだまだ満足していない。好機を逃したのを「決めきれなかった」と反省し、「(14日開幕の)南米選手権でゴールを取りたい」と決意表明。世界トップクラスとの激闘にも臆することなく前へ進み続ける。(奥山次郎)

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ