PR

スポーツ スポーツ

野球殿堂博物館、図書6000冊のネット検索サービス

 野球殿堂博物館は31日、収蔵図書約6000冊について、新たなインターネット検索サービスを導入することを発表した。6月1日から開始する。

 同博物館の図書室では、野球やその他のスポーツに関する書籍、雑誌など約5万冊を収蔵している。検索が可能になるのは「野球」に分類された書籍で、各都道府県の高校野球連盟史、高校や大学の野球部史など珍しい図書も含まれているという。

 これまでもインターネットから「蔵書検索」は可能だったが、新サービスでは、漢字の読み方が不明の場合、ひらがなや片仮名で検索も可能になるなど利便性が高まった。最終的に全ての収蔵図書の検索を可能にする予定で、5年後を目標にしている。

 図書室は同博物館の入館料を払えば、誰でも利用が可能。貸し出しは行っていないが、閲覧やコピー(有料)ができる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ