PR

スポーツ スポーツ

広島、強者の戦い 巨人との首位攻防第1戦制す

【巨人-広島】10連勝にちなんで指を十本出す広島・バティスタ=東京ドーム(撮影・今野顕)
【巨人-広島】10連勝にちなんで指を十本出す広島・バティスタ=東京ドーム(撮影・今野顕)
その他の写真を見る(1/3枚)

 広島が24日、巨人を破り、10連勝とした。

 リーグ3連覇中の強者の勢いを敵地でも見せつけた。今季初めて東京ドームで戦った広島が、大技、小技を交えて巨人に先勝。首位攻防3連戦を幸先よくスタートした。

 クリーンアップがそろってアーチをかけた。1点を追う二回、4番の鈴木が「しっかりと捉えることができた」とバックスクリーン右に運ぶ14号ソロで追いつくと、四回に3番のバティスタが勝ち越しの10号ソロ。八回には、バティスタと5番の西川に本塁打が飛び出し、今季チーム最多タイの1試合4発。左翼席を赤く染めた広島ファンの歓声が何度も響いた。

 広島らしさが見えたのは1点差に迫られた後の七回。2死三塁で、野間は「確率の高い方法を選択した」とセーフティーバントを試みた。意表を突かれ慌てたのか、マウンドにいた巨人の戸根がボールをこぼす間に三走の坂倉が生還。1点をもぎ取り、巨人が反撃する意欲をそいだ。「バントは下手だったけど、結果的に点が入ってよかった」と野間はうなずいた。

 先発の床田を五回までで下げ、七回2死から投入したセットアッパーのフランスアを八回まで続投する「回またぎ」をさせるなど、この1勝にかける執念も実った。「流れを相手に渡すことなく戦えた」と緒方監督。リーグ優勝した2017年以来、2年ぶりの10連勝と勢いは止まりそうにない。(小川寛太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ