PR

スポーツ スポーツ

5月好調の広島、投手陣に安定感

先発の広島・ジョンソン=西宮市の甲子園球場(二星昭子撮影)
先発の広島・ジョンソン=西宮市の甲子園球場(二星昭子撮影)

 広島は18日の阪神戦、先発ジョンソンから投手4人の完封リレーで6連勝。今季初めて貯金5とした。12球団トップの防御率を誇る投手陣の安定感がチーム好調の裏付けとなっている。

 6回6安打無失点で3勝目を挙げたジョンソンは、これで3試合連続無失点投球と好調が続く。それでも「球数が多く、なかなか終盤までイニングを伸ばすことができていない。終盤まで投げたいなと思う」と内容に満足はしていない。

 被安打6本のうち3本が内野安打。佐々岡投手コーチは「ゴロで野手の間を抜けるのとは違う安打も打たれてイライラするところもあったが、切り替えて粘り強い投球をしてくれた」と我慢の投球をほめた。

 ジョンソンの球数が100球を超えて迷わずベンチに下げることができるのも、強力なリリーフ陣が後ろに控えているからだ。

 七回からリリーフした一岡、フランスア、中崎の勝ちパターンの継投は健在。この日は登板がなかった新戦力の左腕レグナルトや菊池保も好救援が続く。試合終盤の試合運びが安定し、5月に入って11勝3敗1引き分けと勢いづき、首位の座も視界に入ってきた。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ