PR

スポーツ スポーツ

松山が10位浮上 ウッズは予選落ち 全米プロゴルフ

第2ラウンド、ティーショットを放つ松山英樹。通算2アンダーで10位=ベスページ・ステートパーク(共同)
第2ラウンド、ティーショットを放つ松山英樹。通算2アンダーで10位=ベスページ・ステートパーク(共同)

 男子ゴルフの全米プロ選手権は17日、ニューヨーク州ファミングデールのベスページ・ステートパーク・ブラックコース(パー70)で第2ラウンドが行われ、3バーディー、1ボギーの68だった松山英樹は通算2アンダー、138で17位から10位に浮上した。

 大会2連覇を狙うブルックス・ケプカ(米国)が65と伸ばし、通算12アンダーで首位を独走。ジョーダン・スピース(米国)とアダム・スコット(オーストラリア)が7打差の2位となった。

 タイガー・ウッズ(米国)は73と振るわず、通算5オーバーで予選通過に1打足りなかった。今平周吾は73で7オーバー、小平智は76で9オーバーに終わった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ