PR

スポーツ スポーツ

体操・谷川翔「結果はついてく」 18日NHK杯開幕

谷川翔選手
谷川翔選手

 体操の世界選手権(10月、ドイツ・シュッツトガルト)代表選考会を兼ねたNHK杯が18日、東京・調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。17日は会場で記者会見が行われ、4月の全日本選手権で連覇を果たした男子の谷川翔(順大)は「NHK杯をもらっている自分の姿を想像するとしっくり来るというか、そうなるといいなと思って練習してきた。自分の演技を6種目やれば、結果はついてくると思う」と意気込みを語った。

 大会10連覇中だった内村航平(リンガーハット)は全日本選手権で予選落ちし、今大会は不在。谷川は昨年、内村の猛追を許しただけに「内村さんが下から追い上げてくる怖さはないが、一緒にやって勝ちたかった」と複雑な心境を明かした。

 初の全日本王者として挑んだ昨大会は、最終種目の鉄棒で落下。トップから4位に転落して代表入りも逃し、NHK杯は「今でもやっぱり怖い」と話す。

 ただ、今年は「全日本優勝はもちろんうれしかったけど、ここで終わりじゃないぞと満足しないで、世界選手権代表に入るというのを考えて去年以上に落ち着いて練習に臨めている」と精神的に成長してきた自信もある。トラウマ払拭へ20歳のエース候補は「ここまできたら、やるしかない。去年の悔しい気持ちは忘れず、嫌なイメージは全部忘れて伸び伸びやりたい」と語った。

 今大会は全日本選手権との合計得点で争われ、3位以内に入れば個人総合での代表入りが決まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ