PR

スポーツ スポーツ

禁止物質混入で作業部会 WADAが再発防止検討

 世界反ドーピング機関(WADA)は16日、モントリオールで理事会を開き、日本のレスリング男子のトップ選手が服用したジェネリック医薬品(後発薬)に本来含まれていない禁止物質「アセタゾラミド」が混入し、ドーピング検査で陽性反応が出た問題で、作業部会を設置して再発防止へ解決策の検討に入ったことが報告された。スポーツ庁から対策を求める書簡が提出されていた。

 WADA常任理事を務める浮島智子文部科学副大臣は理事会終了後に「アスリートにこういうことが起こらないようにしっかりやっていかないといけない」と語った。

 今回問題となった利尿作用があるアセタゾラミドなどは成分が少しでも検出されると違反となるため、新たな基準値を設定すべきか否か議論となっている。WADAによると、分析機器の発達で近年は検出能力が飛躍的に向上しており、医薬品の製造過程などで誤って混入した可能性がある禁止物質がごく微量でも検出され、陽性となるケースが最近出ている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ