PR

スポーツ スポーツ

体操アジアジュニア銅の15歳、岡が徳洲会入り

今月から徳洲会に加入した15歳の岡慎之助
今月から徳洲会に加入した15歳の岡慎之助

 昨年のアジアジュニア体操選手権個人総合銅メダルの岡慎之助(15)が今月から、社会人の名門・徳洲会体操クラブに加入したことが15日、分かった。男子選手が中学を卒業してすぐにシニアのトップチームに加入するのは極めて異例。岡は取材に「自分がここでやっていくと決めた。たくさんの良い選手に学び、食らい付いていきたい」と語った。

 岡は岡山市出身。中学卒業後、一度は地元の強豪・関西高に進学した。しかし、より自分の力を伸ばせる練習環境を模索、関係者を通じて徳洲会入りを打診し、受け入れられた。徳洲会は今春、大阪・清風高出身の石沢大翔(ひろと)を採用するなど若い年代の選手育成にも着手し始めている。米田功監督は「まだ結果を出していないが、努力して良い選手にしようという姿勢は負けない。それは自信を持って言える」と話した。

 岡はすでに関西高を退学。通信制高校と学習塾で学びながら神奈川県鎌倉市の体育館で練習に励む。今後、心技体の成長や人間形成の面で重要な時期を迎えることから、徳洲会は、前所属のおかやまジュニア体操スクールとも連携しながら育成を図る。

 岡は18日の世界ジュニア選手権代表決定競技会に出場する予定だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ