PR

スポーツ スポーツ

井上尚「過去最高の仕上がり」 WBSS準決勝へ練習公開

公開練習でシャドーボクシングを披露する井上尚弥=グラスゴー(共同)
公開練習でシャドーボクシングを披露する井上尚弥=グラスゴー(共同)

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が14日、英国のグラスゴーで18日に行われる「最強決定トーナメント」ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)同級準決勝に向けて報道陣に練習を公開し「過去最高の仕上がり」と自信を口にした。

 対戦する国際ボクシング連盟(IBF)王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と、互いに数分程度の軽いシャドーボクシングを披露した。練習の様子を撮影されることを嫌ったロドリゲス陣営に父の真吾トレーナーが小突かれ一触即発になる一幕もあったが、井上尚は「今ここで何かを隠しても変わらない」と受け流した。

 ともに26歳の全勝対決。ロドリゲスは「前評判は井上の方が高いが、土曜日にみんなを黙らせる」と威勢良く話した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ