PR

スポーツ スポーツ

【野球がぜんぶ教えてくれた 田尾安志】「聞く耳」が自身を育てる

 教わる側が「聞く耳」を持っているかどうか。それだけの違いにより、「もっと高いレベルで打てるのに、もったいないな」と思う選手は結構いるものだ。

 一方、コーチも「教えるプロ」であるべきだ。選手の成長を促すことができないのであれば、存在意義はない。指導に説得力を持たせるため、現役時代の実績はある程度必要かもしれない。だが、超一流のプレーヤーだった人が教えれば、どんな選手も必ず伸びるかというと、それほど単純でもない。

 三冠王を3度獲得した落合博満氏でも、中日で監督を務めた8年間で本当の強打者は育てられなかった。一般論で言えば、卓抜な成績を残した元選手の指導内容は正しいのだが、技術の「枝葉」の部分に固執しがちだ。一方で、若手の多くが必要としているのは基礎となる「幹」の部分。しかし、最初から「幹」を自然と身につけていたエリートや天才にとっては、どうやったら会得できるのかを理論立てて教えるのは不得手なようだ。指導者の人選は、難しい。   (野球評論家 田尾安志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ