PR

スポーツ スポーツ

サッカー部コーチが暴言と体罰 群馬・桐生第一高

 群馬県桐生市の桐生第一高で、サッカー部コーチの男性教諭が4月、部員に「殺すぞ」と暴言を吐き、平手打ちなどの体罰をしていたことが10日、分かった。同校は男性教諭を懲戒処分し、コーチから解任した。

 同校によると、4月9日に男子部員1人を突き飛ばしたほか、同15日には別の男子部員1人に「殺すぞ」と言って頬を平手で打ったり、胸元を2回突いたりした。いずれも部活動中で、2人にけがはなかった。

 男性教諭は同校サッカー部OBで4月から勤務。「レギュラーになってほしくて指導が行き過ぎた。申し訳ない」と話しているという。保護者からの指摘で発覚し、同校は「全職員で再発防止に取り組む」としている。

 同校では昨年8月、硬式野球部での体罰が発覚している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ