PR

スポーツ スポーツ

大谷がチームに合流 打者専念で復帰へ 昨年右肘手術

米デトロイトの空港に到着した大リーグ、エンゼルス・大谷翔平=6日(共同)
米デトロイトの空港に到着した大リーグ、エンゼルス・大谷翔平=6日(共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

 米大リーグ、エンゼルスは6日、昨年10月に右肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けてリハビリをしていた大谷翔平(24)が、7日に敵地デトロイトでチームに合流すると発表した。同日午後7時10分(日本時間8日午前8時10分)開始予定のタイガース戦で打者として復帰する見通しで、試合に出れば昨年9月30日以来となる。

 大谷は6日夕に白いジャケット姿でデトロイトの空港に姿を現した。

 手術明けの今季は打者に専念して復帰を目指し、キャンプから別メニューで調整していた。4月24日から復帰への最終段階と位置づけていた同僚投手相手の打撃練習を開始。4日までに50打席をこなして、目安とされていた40打席をクリアした。投手としても3月8日に術後初めて投球を開始。キャッチボールの距離をのばし、来季のマウンド復帰に向けてリハビリを続けている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ