PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】万能新人・近本の躍動が続くうちに

2日の広島戦で安打を放ち、ガッツポーズする阪神の近本。連続試合安打の球団新人記録を塗り替えた=甲子園球場(門井聡撮影)
2日の広島戦で安打を放ち、ガッツポーズする阪神の近本。連続試合安打の球団新人記録を塗り替えた=甲子園球場(門井聡撮影)

 近本劇場の大盛況のうちに“優勝戦力”構築が急務です。阪神はドラフト1位ルーキー近本光司外野手(24)=大阪ガス=が連続試合安打の球団新人記録を更新(13試合)する大活躍。ルーキーに引っ張られる形で打線が機能し、チーム打率2割4分1厘はリーグ4位、得点115は同3位。そして盗塁18、犠打25は同トップ(数字はいずれも5月2日現在)。借金を返して浮上しましたが、近本が脚光を浴びる一方で戦力的な課題は消えていません。14年ぶり優勝のためには近本によってもたらされた追い風をうまく生かしてほしいものです。

 ■時代とともに…甲子園の思い出

 5月1日の広島戦、約30分遅れで開始された試合を甲子園球場の記者席で見ました。取材記者として初めて甲子園球場の記者席に座ったのは昭和56年(1981年)の夏頃だったと記憶しています。そこから平成をまたぎ、令和(れいわ)と時代が移った初日、甲子園球場の記者席に座った率直な感想はこうです-。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ