PR

スポーツ スポーツ

大谷が5月4日からのメキシコ遠征参加も 監督明かす

試合前、調整するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
試合前、調整するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が19日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムでのマリナーズ戦前に、昨年10月の右肘手術後初めて打撃練習を公開した。柵越えは33スイング中9本だった。半数以上が中堅から左翼で持ち味を発揮し「徐々にいい方向に行っている」と回復を強調した。

 打者でのメジャー復帰は5月中に見込まれる。ブラッド・オースマス監督は5月4日からメキシコで行われるアストロズとの2連戦に「準備ができているなら連れて行きたい」とした。大谷も「もちろん行きたい気持ちはあるし、もっと早くなるように頑張りたい」と前向きに語った。

 岩手・花巻東高の先輩菊池雄星投手(マリナーズ)に前日、再会したことには「米国で最初に会うとは思わなかったが、すごく楽しかった」と言う。5月30日からはマリナーズとの4連戦が控え「早く実戦形式でやりたい」と対戦を熱望した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ