PR

スポーツ スポーツ

製造段階で禁止物質混入 沢井製薬など注意呼び掛け

 レスリング男子のトップ選手が服用したジェネリック医薬品(後発薬)から本来含まれていないドーピング禁止物質「アセタゾラミド」が検出された問題で、販売元の沢井製薬などは19日、インドの原薬メーカーの製造段階で混入していたと発表した。同日、原薬を輸入していたジェネリック医薬品大手の陽進堂(富山市)と連名で報告書を厚生労働省に提出した。

 問題となっているのは胃腸薬「エカベトNa顆粒66・7%」。この原薬を使用している両社の製品についてはアセタゾラミドが混入している可能性があるとして、スポーツ選手に服用を控えるよう呼び掛けた。沢井製薬は当該の原薬による胃腸薬は販売を中止しているが、陽進堂は「健康被害を及ぼすものではない」として販売を継続する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ