PR

スポーツ スポーツ

「引退を考えたこともあった」ウッズ、紆余曲折経て完全復活

最終ラウンド、逆転優勝し、観客からの祝福に笑顔で応えるタイガー・ウッズ=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
最終ラウンド、逆転優勝し、観客からの祝福に笑顔で応えるタイガー・ウッズ=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

 “ゴルフの祭典”で、スーパースターがこれ以上ないドラマを演じた。昨年のツアー最終戦で5季ぶりの優勝を果たしたウッズだが、トップ選手が目の色を変えるメジャーでの勝利は復活に「完全」の二文字を付け加える価値がある。

 紆余曲折の連続だった。膝の故障に始まり、2009年には複数の女性との関係が発覚した不倫騒動の対応に追われた。離婚し、スポンサー契約は次々と終了。いったん第一線に戻ったものの、14年からは腰痛に苦しみ何度も手術を受けた。2年前には抗不安薬などの影響下で車を運転し、よろめく逮捕時の映像が公開された。積み重ねた栄光に自ら泥を塗った。

 「引退を考えたこともあった」というが、諦めずはい上がった。かつてのように力で圧倒するゴルフではない。それでも「飛距離も必要だが、それ以上に攻め方の知識が重要。僕はよく知っている」と語っていた今大会。輝かしい経歴に忘れられない1勝を加えた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ