PR

スポーツ スポーツ

紀平梨花「来季は4回転決める」 フィギュア国別対抗戦から一夜明け

エキシビションで演技する紀平梨花=マリンメッセ福岡
エキシビションで演技する紀平梨花=マリンメッセ福岡
その他の写真を見る(1/4枚)

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦の女子ショートプログラム(SP)で現行ルールの世界最高得点を出して1位となるなど、日本の2位に貢献した女子の紀平梨花(関大KFSC)が閉幕から一夜明けた14日、福岡市のマリンメッセ福岡で取材に応じ「来季は4回転ジャンプを試合で絶対に決めるという気持ちで練習していきたい」と語った。

 来季の演目でSPは男子の羽生結弦(ANA)が金メダルを獲得した平昌冬季五輪のフリーを手掛けたシェイリン・ボーンさんに初めて振り付けを依頼したという。「私がやりたいものというより、苦手だと思う曲をわざと選んでいきたい」と話した。

 男子でSP、フリーともに3位だった宇野昌磨(トヨタ自動車)は来季を見据え「(4回転の)ルッツかループを形にし、フリーは5本の4回転を跳びたい」と述べた。

 エキシビションも行われ、日本の選手らが出演して華麗に舞った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ