PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ガルシアだめなら緊急補強…手遅れにならないために

マウンドを降りる阪神・オネルキ・ガルシア=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
マウンドを降りる阪神・オネルキ・ガルシア=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

 ガルシア3度目も瓦解(がかい)なら投打の外国人緊急補強に動くべきです。矢野阪神は12試合消化時点で5勝7敗の5位。大誤算は新外国人オネルキ・ガルシア投手(29)の乱調です。2試合投げて0勝1敗、防御率14・63。昨季の中日時代に13勝9敗を記録した左腕とは思えません。16日のヤクルト戦(松山)が今季3度目の先発予定ですが、またダメなら先発ローテから脱落、2軍調整も視野に入ってきます。打てないが投手陣がいい…という前評判も覆す事態となれば、チームを総点検して補強策に出るしかありません。次善の策が遅れればV戦線から置いてけぼりを食らうだけですね。

前評判はリーグ屈指の投手陣…でも今は

 矢野阪神は12試合消化時点で5勝7敗の5位です。この成績をどう見るのか。敵地・東京ドームでの巨人戦に3連敗を喫した一方で、残りの3カード(ヤクルト、広島、DeNA)は5勝4敗と勝ち越していますね。あの巨人戦の3連敗さえなければまずまずの滑り出し…ともいえます。

 「シーズン前の予想から見れば健闘しているんじゃあないか。評価が低かったけど、矢野監督を中心に粘り強く戦っているともいえる。ただ、12試合を振り返るとシーズン最後まで優勝争いに絡めるか…と言われれば苦しいと言わざるを得ないな。チーム力が足りないのは歴然だな」とは阪神OBの言葉でした。

 チーム力が足りない…と現時点で言い切る最大の理由はシーズン前の大方の予想だった「打線は弱いが投手陣はリーグ屈指」という指摘が崩れているからです。12試合でチーム打率2割2分、本塁打7本はどちらもリーグワースト。チーム得点40はリーグ5位(ワーストは37点の広島)です。これはある意味、戦前の予想の範囲ですね。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ