PR

スポーツ スポーツ

広島、投打振るわず5連敗 頼みの大瀬良4失点

五回 ピンチとなりマウンドで険しい表情の広島・大瀬良大地(中央)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
五回 ピンチとなりマウンドで険しい表情の広島・大瀬良大地(中央)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

 開幕から4カード続けて負け越している広島は大瀬良が6回4失点と振るわず、打線も1安打。連敗は5に伸びた。

 伏兵に手痛い一打を食らった。連敗ストップを託された大瀬良は、三回に神里、楠本の連続二塁打で先制を許すと、四回は2死二塁から8番打者、伊藤光の中前打で失点。六回も伊藤光に甘い速球を2ランとされ「何とかいい形で流れを持ってきたかったけど、最後の本塁打が良くない」と猛省した。

 低調な打線は、不振の田中広を8番に下げ、1番に野間を起用するなど組み替えたが、効果はなく、今永の切れのある速球に菊池涼が四回に1安打しただけだった。両リーグ最速の10敗目で借金は7に膨らんだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ