PR

スポーツ スポーツ

阪神ルーキー近本がプロ初本塁打「甲子園で打てて良かった」

7回阪神無死、代打近本が右中間にプロ初本塁打を放つ=甲子園
7回阪神無死、代打近本が右中間にプロ初本塁打を放つ=甲子園

 阪神の新人近本がプロ入り第1号を放ち、12球団のルーキーで本塁打1番乗りとなった。

 1-5の七回の先頭に代打で登場し、1ボールから「ファーストストライクを積極的に打ちにいった」。DeNA2番手国吉の直球を鋭く振り抜いた打球は角度よく伸び、右中間最深部に突き刺さった。

 本拠地甲子園で放った一発に、近本は「今日の風は(右翼方向からの)『浜風』じゃなく(本塁方向からの)『北風』で、フォローして入ってくれたんじゃないかと思う」と顔をほころばせた。

 甲子園は関学大時代に関西学生リーグで試合を何度も経験していた。しかし、「甲子園と相性が良くなくて、本塁打は打ったことがなかった」といい、プロ初本塁打を「甲子園で打てて良かった」と喜んだ。

 開幕から8試合続けて先発メンバーに名を連ねたが、7日の広島戦から控えに回った。「悔しい気持ちもあるが、次にスタメンで出たときに、今の(控えの)期間があってよかったと思えるように取り組んでいる」と代打や代走での出場機会に集中している。

 矢野監督も「代打は難しいものだが、しっかりと振り切れて、すばらしい打球だった」とルーキーの打撃を評価。バットでアピールを続ければ、定位置奪還も見えてきそうだ。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ