PR

スポーツ スポーツ

井上監督らが安倍首相表敬 世界柔道、五輪の活躍誓う

柔道日本代表首脳(左から)増地克之氏、井上康生氏、金野潤氏と握手を交わす安倍晋三首相=11日午前、首相官邸(春名中撮影)
柔道日本代表首脳(左から)増地克之氏、井上康生氏、金野潤氏と握手を交わす安倍晋三首相=11日午前、首相官邸(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 柔道男子日本代表の井上康生監督ら首脳陣が11日、官邸で安倍晋三首相を表敬訪問し、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)と2020年東京五輪での活躍を誓った。同監督は「着々と準備を進めている。柔道を通じて日本の素晴らしさ、強さを世界にアピールできるよう頑張りたい」と決意を述べた。

 東京五輪の柔道も会場は日本武道館。開会式翌日の7月25日から始まる。安倍首相は「柔道ニッポンの強さを世界に発信し、メダルラッシュを期待している。重圧をはねのけて、日本柔道ここにありを示していただきたい」と激励した。

 女子日本代表の増地克之監督と全日本柔道連盟の金野潤強化委員長も同席。同強化委員長は、世界選手権をPRするピンバッジを安倍首相に贈った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ