PR

スポーツ スポーツ

大谷「甲子園で見たい」 163キロの佐々木にエール

U18高校野球代表合宿で力投する大船渡・佐々木朗希=奈良県生駒市(岡田茂撮影)
U18高校野球代表合宿で力投する大船渡・佐々木朗希=奈良県生駒市(岡田茂撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が10日、野球の高校日本代表1次候補の合宿で岩手・大船渡高3年の佐々木朗希投手がプロ野球球団の計測で球速163キロをマークしたことに触れ、「すごいなと思う。甲子園で、ぜひ見てみたいので応援したい」とエールを送った。アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで取材に応じた。

 大谷は同じ岩手の花巻東高出身で、3年時の県大会では160キロを出している。佐々木の163キロの映像は見ていないという。逸材の登場に「楽しみ。それだけレベルの高い選手がどんどん出てくるというのは素晴らしいこと」と述べた。

 昨年10月に受けた右肘手術のリハビリは、定期検査で問題がなければ投手の球を打つ練習に移行する。オースマス監督は「(検査の時期は)この数日の間になる」と見通しを話した。この日は屋外で20球のフリー打撃を行い、最長約25メートルの距離で計60球のキャッチボールと投手でも調整した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ