PR

スポーツ スポーツ

ケンブリッジ飛鳥が日大大学院に進学

ケンブリッジ飛鳥(共同)
ケンブリッジ飛鳥(共同)

 2016年リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストのケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が今春から日大の大学院に進学したことが7日、分かった。プロ選手としての活動と相乗効果が期待される。ケンブリッジは産経新聞の取材に「時間を見ながら、プラスになるようやっていきたい」と語った。

 ケンブリッジは16年3月に日大を卒業してから3年間、社会人選手として活躍してきたが、セカンドキャリアと現役の競技生活の両面で自身の可能性を広げるため大学院進学を選択した。運動学などを研究する予定だという。

 ケンブリッジはリオ五輪100メートルで準決勝に進出。400メートルリレーは4走を務め、日本男子トラック種目で史上最高成績となる銀メダルに輝いた。16年12月にプロ転向。17年6月には向かい風0.9メートルの条件で10秒08の自己記録をマークした。

 今季は3月に豪州の競技会でシーズンインし、次戦は出雲陸上(20、21日)に出場する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ