PR

スポーツ スポーツ

「平成最後」に香川真司意気込み サッカー日本代表が神戸で練習

 サッカー日本代表は24日、国際親善試合のボリビア戦(26日、ノエビアスタジアム神戸)に向けて、神戸市内で練習を行った。公開された冒頭部分には、左足負傷で23日の全体練習に参加しなかった堂安(フローニンゲン)、別メニュー調整だった室屋(FC東京)も参加。その後は非公開で戦術練習を行った。

 ボリビア戦は日本代表として平成最後の活動になる。「それは考えていなかった。結果が出たら『平成最後のゴール』ってまとめてくれれば」。平成元年生まれの香川(ベシクタシュ)は苦笑した。

 2008年5月、平成生まれとして初めて代表に選出されたが、今や“古参兵”だ。攻撃陣は堂安ら若手ばかり。「若いやつの勢いは非常に大事。僕もそうだった。融合は非常に楽しみ」。親善試合とはいえホームでの2連敗は許されない。地元・神戸で香川は鮮やかに攻撃のタクトを振るう。(五十嵐一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ