PR

スポーツ スポーツ

【選抜高校野球】実はおもろい男 明豊の1番・表主将が逆転の口火

 選抜高校野球第2日の第2試合は明豊が三回に4点差を逆転し、四回以降も着実に加点して横浜に13-5で大勝した。

 低めのスライダーには手を出さない。明豊は横浜の好投手左腕、及川対策として球の見極めを徹底した。打者が各自で狙い球を絞る戦略が三回の逆転劇を生んだ。反撃の口火を切ったのは1番の主将、表だった。

 三回無死一、二塁。仲間の連続四球で得た好機で、表は「どんなヒットでも何が何でも打ち返す」と高めの直球を振り抜いた。左翼線への適時打で1点を返すと、さらに連打などでこの回一挙5得点。及川を三回途中で降板させた。川崎監督は「まさかあんなに早くひっくり返してくれるとは」と想定外の展開に驚いた。

 表は1番打者の役割を「打席が一番多く回ってくるので、打線を勢いづけること」と語る。3安打2打点と気を吐き、今年の公式戦では初となる猛打賞。理想とする仕事をやってのけ、「冬に振り込んで打力をつけた結果です」と喜んだ。

 指揮官は表を「まじめで、ベンチが何を望んでいるかを察知して仲間に伝えてくれる」と絶大の信頼を置く。一方、同級生の野辺は打ち明ける。「実はおもしろい奴で、一発ギャグもできる」。この日6番で2安打1打点と活躍した青地と並ぶムードメーカーだという。

 表はお立ち台で「目標はベスト4以上。及川投手から打ったことを自信にしたい」と表情を引き締めた。頼もしいリードオフマンが明豊を引っ張る。(岡野祐己)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ