PR

スポーツ スポーツ

羽生は銀、宇野4位 チェン連覇、世界最高323.42点 世界フィギュア

表彰式でメダルを掲げる、左から銀の羽生結弦、金のネーサン・チェン、銅のビンセント・ジョウ=23日、さいたまスーパーアリーナ(ロイター)
表彰式でメダルを掲げる、左から銀の羽生結弦、金のネーサン・チェン、銅のビンセント・ジョウ=23日、さいたまスーパーアリーナ(ロイター)
その他の写真を見る(1/7枚)

 フィギュアスケートの世界選手権最終日は23日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)がフリー2位の206.10点をマークし、合計300.97点で日本勢最高の2位に入った。SP首位のネーサン・チェン(米国)がフリー1位の216.02点を叩きだし、現行ルールで世界最高の合計323.42点で大会連覇を果たした。

 SP6位と出遅れた宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリーで4位の合計270.32点で4位だった。SP19位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は238.40点で14位だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ