PR

スポーツ スポーツ

カズ、2年ぶり先発 52歳25日、最年長記録更新

J2横浜FC対FC岐阜 前半、ボールを追って走る横浜FC・三浦知良(右)=23日、ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・田村亮介)
J2横浜FC対FC岐阜 前半、ボールを追って走る横浜FC・三浦知良(右)=23日、ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・田村亮介)
その他の写真を見る(1/2枚)

 J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良が23日、岐阜戦に今季初出場し、自身の持つJ2最年長出場記録を52歳25日に更新した。

 レジェンドがまた1つ、日本サッカー界に足跡を残した。約2年ぶりにリーグ戦に先発した三浦は「52歳でピッチに立つ自分はうらやましく思われる。だからこそ、サッカーに対してリスペクトの気持ちを持ってやりたい」。後半9分にベンチに退くまではつらつとピッチを駆け巡った。

 シュートはゼロに終わった。だが、前半29分、相手との衝突を恐れることなくこぼれ球に体ごと突っ込むと、前半終了間際には立て続けに右クロスへ反応。試合後「オレの頭に当てるぐらいのいいボールを上げてほしいよ」と冗談めかしたが、泥臭く得点を狙う執念を見せて観客を沸かせた。

 チームは勝ち、記録も更新したが「この1日で満足はできない。ゴールを決めないと試合には出続けられないんだから」ときっぱり。狙うは自身が持つ50歳14日での最年長得点記録の更新だ。カズの34年目のシーズンが本格的に始まった。(五十嵐一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ